ふかのうなんてないんだよ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

店頭看板を作る際のコツ

おはようございます。向井邦雄です。

さて、今日は昨日のつづき。
看板を作る際のコツについて書いて行きます。


まずは分かりやすく、私のサロンの失敗例から。。。


私のサロンの正式な名前は「エステランテ ロズまり」と言います。
今はもう知る人は少ないですが、オープン当初は
エステとレストランを融合させたサロンとして、営業していました。

「エステ」+「リストランテ」=「エステランテ」

私が作った造語です(笑)

結局は、においや音などの問題があり、お客様が増えるにしたがって縮小して行き
今はやっていないのですが、当初はそれが売りでもありました。


そして、いざ看板を作る際も、素人だった私は
知り合いのデザイナーの卵に頼んで
とにかくオシャレなものにしようと思ったのです。

それが・・・これです、、。

かなり恥ずかしいですが、、
分かりやすい失敗例として公開します。。

$向井邦雄 ふかのうなんてないんだよ

白い看板に透明のアクリルを重ねて、中から光で照らせるようになっています。
(オープン当日、まったくお客様が来ないのであわてて「本日オープン」の紙を貼ったところです(苦笑)。)


「シンプルで、オシャレで、他にないような看板にしよう!」

という気持ちで、かなりお金を掛けて複雑な構造の看板を作ってみたのですが


・・・・どうですか?


何の店か分かりますか???


    2F
   食と癒しの
  コラボレート
ESTHERANTE



・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・まったく分からないですね(^^ゞ

入ろうと思わないですよね、、、。



当然の結果、

この看板を見て来店される方は

全くの「ゼロ」でした。




・何の店だか分からない
・白と黒で目立たない
・字が細くて読みにくい
・電話番号すら書いていない


まるで、暗号か何かのようです。

よっぽど勇気のある新しいもの好きの人が問い合わせてくるぐらいです。



当時は当然、やり直すお金もなく、、、知識もなく、、。
おそらくこの看板のまま、1年ぐらいは営業したのですかね。


見るに見かねた看板屋さんが、、無料で作り変えてくれました、、、(^^ゞ






せっかく作り変えて下さるというので
今度は大いに反省点を見直し、多くの勉強をして、
自分でデザインを全部やりました。


その際に気を付けたのが、


・まず、ひと目見ただけで「サロン」と分かること。
・路面店ではなかったので、店内の様子が分かるようにすること。
・色にメリハリをつけて文字を見やすくすること。
・スタッフ(経営者)の顔を載せて親近感を持たせること。
・電話番号も載せて(笑) 店頭チラシやウェブ、電話問合せなど
 お客様の次のアクションに移しやすくすること。



これらすべてを盛込んで、デザインが完成!

看板屋さんにデータを渡して、新しく作り直して頂いたのです。




その結果・・・・



本当に、看板を変えた直後から、問い合わせや予約の電話
飛び込みの来店が来始めたのです!!

詳しい数字は覚えていませんが、恐らく初日だけで
10件ぐらいは反響があったのではないかと思います。


しかも先日お伝えしたとおり
看板は一度設置すればその後の経費は掛かりませんから

今でもずっとコンスタントにお客様を呼び込み続ける
優秀な営業マンになってくれています。。。




そして、当然ではありますが、
看板を見て来られたということは

そのお客様は、ご近所さまか、よく店の前を通る方ということになります。

遠方の方や、たまにしか来ない方よりもリピートにつながりやすいのですね。。




そして、そのお客様たちの会話から、
いかに今までが間違っていたのかもよく分かりました。


「あたらしく出来たお店なの?」

「ここサロンだったのね。」

「今まで毎日ここを通っていたけど全然気づかなかった。」

「外から見てもっと小さい店だと思っていた。」等々



1年店をやってきたのに、ほとんど近隣の方に認知されていなかったのです。




店の前を車で通りかかった時、
その人が看板をみて、脳に残るかどうかは、ほんの0,何秒の世界です。

パッと見ただけでもどんな店か分かるようなそんな工夫が大切です。


そのためにはやはり、写真が有効ですね。

パッと見てサロンだと分かる写真を大きく看板に載せておけば
それだけで普段サロンを探している人の目に止まる確率が高くなります。



もちろんイメージやセンスなども大事ではあるのですが、

まずは何より分かりやすさ!が優先です。



店名よりも業種が大事

長々とした文章よりも、
たった一言でお客様の心をつかむキャッチコピーが大事です。



いろいろと考え始めるとかなり難しい世界ですが、

まずは何より


【 どんな店なのか一瞬で分かる! 】


ここに意識して看板を作ってみて下さい。




それでは!

スポンサーサイト

半永久的な集客ツール

こんにちは。向井邦雄です。

今日は、先日ご質問をいただきました、サロンの「看板」について
お話をしたいと思います。


サロンにお客様を呼び込むための手段や道具(集客ツール)には
チラシやクーポン、ホームページ等々、たくさんのものがありますが、

大きく分けると2つの種類に分かれます。


それは

『一過性のツール』と
『半永久的なツール』です。


ちょっと分かりづらいかもしれませんが、一過性のツールとは、
折込チラシやクーポン誌などのように、出した直後は集客につながりますが、
その後すぐに効果が薄くなるものをいいます。

集客できる数や効果が継続する期間はそれぞれ違いますが、
しばらくすれば効果が無くなるため、新たに集客するためには
その都度その都度、経費をかけて出し続けなければなりません。


逆に半永久的なツールは、一度出せば、その瞬間の効果はそこそこでも
継続してずっと集客し続けられるもののことをいいます。

その代表が『店頭看板』です。



看板は、最初に作るときにはそれなりにお金がかかりますが、
一度設置してしまえば、その後ずっと継続して
お客様を呼び続けることになります。

店の外装なども同じ類だと思います。


もちろん、古くなってくれば修理したり作り変えたりなど
費用は掛かってくるのですが、
一過性のツールに比べればその割合ははるかに低いと言えます。



例えば、クーポン誌掲載料と看板設置工事にかかる費用が同じ金額だったとして
クーポン誌が掲載期間中(1ヶ月)に20人集客できたとします。

そして看板は1ヶ月に2人しか集客できなかったとします。


でも、クーポン誌はその1ヶ月が過ぎるとほとんど集客の見込みがないのに対し
看板はその次の月も、またその次の月も、
平均すればほぼ同じぐらいの集客は見込めることでしょう。

ということは、

10ヶ月後には、費用に対する効果は同じ。
そしてその後は、日が経てば経つほど、看板のほうが費用対効果は上がることになります。

仮に5年で看板を設置し直しても、効果は6倍だということになるのです。



私は、商売がうまく行くコツというのは、『積み上げ』なのだと思います。

例えば、お客様も、毎回毎回新規ばかりを集めるのではなく
常連のお客様を増やしていく。

そうすることで、長い目で見れば入客数は増えて行くことになります。


当然、技術やスキルもそう。
年月とともにノウハウが積み重なっていくことで、お客様の満足度も上がっていきます。



そしてそれは、

集客に関しても言えるのです。

毎回毎回、その場で終わる集客法よりも、継続して積み重なっていく集客法のほうが
のちのち有利になっていくことでしょう。



ですから今後、集客について考える場合、

その場だけの効果や結果ばかりを気にするのではなく、
一年→二年→五年などと、長い目で見た場合の費用対効果も気にしつつ
取り組んでみると良いと思います。



ですから、店にとって看板は、実はとても大事なものだと言えます。


ところがその看板が、まったく役に立っていないどころか

逆にマイナスになってしまっている店が多いのもまた事実。。。



いったい、どのような看板が効果的なのか?


その辺りはまた次回、詳しくお話ししたいと思います。


それでは!

100%のお客様が離れない、必殺ツール

こんにちは、向井邦雄です。


この写真、何だか分かりますか?

$向井邦雄 ふかのうなんてないんだよ


これは、当店で使っているポイントカード
俗に「ランクアップカード」と呼ばれるものです。

この4種類のカードの中に、

・初回のお客様がリピートにつながる秘訣
・徐々に来店頻度が上がっていく秘訣
・ポイントを貯めることが楽しくなってくる秘訣
・お店のトリコになり、ずっと通い続けて下さる秘訣

すべてが網羅されています。



ちなみに、このカードで最高ランクに上がった当店のお客様は、
今のところ、誰一人としてランクが下がったり、来店しなくなったりすることなく
ずっと「半年間に20回以上」の来店頻度で通い続けて下さっています。


まさに【魔法のポイントカード】です。



このカードを今回なんと初公開!!


明日の「理容師カフェ」で実際にお持ちしてコツをお話しますので
来られる方は楽しみにしていて下さいね!!



もちろん、それ以外にも
集客のヒケツをたっぷりとお話しして行きますよ♪






お蔭さまで理容師カフェ

すでに想定以上のお申し込みを頂いていますが、

イスや机を増設すれば、あと数名は入れるそうです(笑)



今からでもまだお申込み可能だと思いますので

ぜひこちらのブログに書き込み頂くか、
直接、担当の関口さんにメールしてみて下さいね!!

メールアドレスはこちら↓

sekiguchi☆ribiyo.co.jp  (☆は@にしてください)

それでは明日、

皆様にお逢いできるのを楽しみにしています(^^)/


どうしても割引きするなら・・・

こんにちは、向井邦雄です。


私は常々「割引き集客は良くない」と言っています。

割引きで集客すると、どうしてもリピート率が下がりますからね。

サロンの売上を安定させ徐々に上げて行くには
常連のお客様を増やしていくことに意識を向けなくてはなりません。


一時、お節料理などでも問題になりましたが、
最近は、『70%割引で、しかも売上の半分を業者に支払う』という
とんでもない集客サイトもありますね。


仮に60分6000円のメニューがあったとしたら、
お客様から頂く金額は1800円、その半分が手数料なので、、、

実質、売上は900円・・・・。時給にも満たない額です、、。


当然、それだけでも赤字ですが、大事なのはその後。

1800円で来店した人はほぼ間違いなくリピートしません!


業者の人は言うかもしれません。

「貴サロンはとても魅力的なので、新規客さえたくさん来れば
最初赤字でもリピートにつなげて利益がでますね!」と・・・。


もう一度言います。

1800円で来店した人はほぼ間違いなくリピートしません!




ここの入り口を間違えると大変ですね。


たくさん集客してどうリピートにつなげるか?」を考えるのではなく

リピートにつながるお客様を集客するにはどうすればいいか?」を考える

ことが大切なのです。



もしも今後、そのような業者が営業にきたらぜひ

「うちはそんな安っぽいサロンではありません!!」

と言ってみて下さいね♪





さて、とはいえサロンは、もともとが単価の高い業種。

いきなり定価で勝負しても、お客様にとって敷居が高いのもまた事実です。


店頭のチラシや友人紹介などで、どうしても少しだけ
割引きしなければならない状況も出てくるでしょう。


そんなときに有効なのがこれです!!↓

$向井邦雄 ふかのうなんてないんだよ



これ、「割引券」ではなく『金券』です!


1000円割り引きではなく、お金の替わりに使える金券です。



不思議なもので、同じ1000円の価値でも

金券にした方が価値が高く感じるんですね。


「使わなきゃ損」という気持ちにもなります。


結果として、割引券のときよりも反応率が上がります。



かかるコストは変わらないのですから、当然金券のほうが良いですよね。

こうした、ほんのちょっとした違いで、結果は大きく違ってくるのです。

ぜひ試してみて下さいね!




ただし、これもやり過ぎると逆効果ですから!!

あくまで、金券で集客するのではなく、

「最後のちょっとしたひと押し」に使うようにしてくださいね!!





゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


さて、ここでひとつお知らせです。



私の経営するサロン『ロズまり』では、
今後の事業拡大に向け、1名のみ、スタッフを募集することになりました。

ただし、当店は接客や技術に求められるレベルが相当高いため
中途半端な気持ちでは勤まらないと思います。

東京 立川近辺在住で

エステ・接客業経験者・年齢は30歳ぐらいまでの方で

絶対に顧客をつかんで店を大きくしていこうという覚悟のある方、
もしくは周りにそのような方がいらっしゃいましたら

こちらをご覧ください。



くれぐれもお伝えしておきますが、甘い気持ちでは絶対に勤まりません!

これまでにも意識の低い人はすぐに辞めて行っていますし
そのような人のために貴重なスタッフやお客様の時間を割いて費やすのは
無駄以外の何ものでもないと私たちは考えています。

ですから、興味本位の方は絶対に応募して来ないでください。

私たちはお客様のために、命がけで取り組んでいます。

それにとことんまでついてこれる方のみ、ご応募お願いいたします!!


素敵な出会いを心からお待ちしております。



それでは(^^)/

ふたつのお知らせ

こんにちは、向井邦雄です。


今日は、二つのお知らせがあります。



まずひとつ目は、サロンで使用する化粧品や商材、店販品などについて。

サロンにとって、技術や接客の他、
お客様に喜んでいただき売上を上げて行くには
やはり、良い商材や店販品は欠かせないものです。

良い化粧品や健康食品などに出会えば、
それだけで大幅に売上が良くなることもあります。


ところが、個人でサロンをやられている方にとっては
なかなか良い商品を知る機会がないのもまた事実。。。

判断材料や選択肢の少ない中で、商材を選ばざるを得ないのが現状でしょう。。



そこで、メーカーやサロンの人が、
自由にオススメの化粧品や健康食品などを紹介できるページを作ってみました。

まだ始めたばかりなので書き込みは少ないですが、
これから徐々に、皆さんで参加して、盛り上がって行ければと思います。


フェイスブックをやられている方は(やられていない方も)
ぜひこちら↓のページにアクセスしてみてくださいね!
よい化粧品や美容商材などをどんどん紹介するページ


よろしければ『いいね』ボタンを押したり、アンケートに答えたり
オススメや望んでいる商品などを書き込んだりして頂けると嬉しいです!


そしてさらに!

取引先の化粧品メーカーさんに、このページのことを教えて頂けると
もっと嬉しく思います!!


ぜひぜひ、皆で盛り上げて、美容業界を良くしていきましょうね(^^)/

分からないことなどありましたら、コメントやメッセージ下さい♪







そして、もう一つのおしらせ!!


これは
ひじょ~~~~~~~~~~~~~~~に個人的なことなのですが、、


私の義姉が、期間限定で東京でニットサロンを開催することになりました!

ニットとは編み物のことですが、これまでのイメージとは違い、
かなりエレガントでオシャレなニットを体験できます!!



実は私の義姉は現在、上海でニットのデザイナーと講師をしていまして

地元で、個展の依頼やテレビ取材が来るほど注目されています♪

$向井邦雄 ふかのうなんてないんだよ

ゆったりとリラックスしながら、お茶やお菓子など楽しみながら
オシャレで可愛らしい作品を仕上げる♪

こんな優雅で高尚な趣味もなかなか良いのではないでしょうか。。


もしご興味ある方は、こちらをぜひご覧くださいね!

きっと、イメージしている以上に感動しますよ(^^)/



プロフィール

kuniomukai

Author:kuniomukai
 向井邦雄
株式会社ライジングローズ 代表取締役
サロンコンサルタント 著者 セミナー講師 


★サロン開業&売上アップの本
【 お客様がずっと通いたくなる小さなサロンのつくり方 】
お蔭様で、アマゾン書店ビジネス書部門1位!!



私は20年に渡り飲食店やサービス業など転々としたのち5年前に夫婦でエステサロンを始めました。

最初は勝手が分からず売上も上がらず、借金は1千万円に。
何度も店を閉めようと思いました。
でも、素晴らしい出逢いやご縁をきっかけに、サロンはV字回復をしていきます。

5年で売上は9.1倍に。
今も劇的に業績を伸ばし続けています。

そんな中、ブログをきっかけに、
世間には私と同じような悩みを抱えて苦しんでいる方が
たくさんいらっしゃることを知ります。

「私の人生が1冊の本で大きく変わったように、私も多くの方を救いたい。」

私はこれまで売上を上げるために行ってきたテクニックやノウハウを分かりやすくまとめ、本にして出版することを決意しました。

発売した書籍は、アマゾン書店ビジネス書部門1位、3カ月で3度の増刷がかかるベストセラーとなり、今なお経営者の方々から支持されています。

出版と共にセミナーやコンサルティングなどの活動に踏み出し、
机上の空論ではない、実体験に基づいた常識はずれなコンサルは、
成約率100%、月売上100万円増など、はやくも華々しい結果を打ち出しています。


困っている多くのサロンの方々のため、常に自分自身をみがく姿勢も忘れず、日々走り続けています。


愛知県名古屋市出身 身長180cm 体重79kg A型。

ホームページはこちら
フェイスブック盛り上がっています。
ツイッターたまに更新

最新トラックバック
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。